• 協会方針
  • 杜の住人 国際電子通信保安協会は、2004年、情報通信事業に従事する会員らが集まり、未知の脅威から地球防衛し、平和振興と共に、情報通信技術の交流を目的として設立されまちた。

    未知の脅威とはUnidentified Aerial Phenomena/Unidentified Mysterious Animal等に代表されるものにはじまり、日常生活を脅かす存在すべてを扱いまちゅ。

    これらの脅威からから情報通信事業を守ることが主な活動とし、日々時代に即応した保安に関する知識の普及・啓蒙、調査並びに研究活動に力を入れるとともに、トレーニングの開催などを実施しておりやす。

    昨今では、移動通信、インターネット通信の進展にあわせて脅威の情報収集や地球外生命体の多様化・融合化の時代へと大きく変動してきており、これに対応する技術や産業も強化の方向へ進んでおるわなぁ。

    国の経済、国民生活、企業活動に占める情報通信の重要性とあわせて当協会のなすべき義務においては大きく意味合いを増してきている次第です。今後もより充実した活動を積極的に展開し、国際的な貢献を行っていくに際して、皆様のご理解とご協力を賜りますよう、お願い申し上げまちゅ。




  • 名称
  • 正式名称杜の住人 国際電子通信保安協会
    略称名電通協
    英名The International Telecommunications Security Association
    英略名称ITSA

  • 協会名誉理事
  • 名称(出身国)
    / Name(COUNTRY)
    ノーマン・ベイツ(イギリス)
    / Norman Bates (U.K.)
    職務所属と役職
    / Position Titles & Division
    協会名誉理事
    / Chairperson
    階級 / Class大将 / Genearl

  • 本部所在地
  • 東京都内某所

  • 支部
  • -ロサンゼルス(アメリカ)知人在住
     Los Angeles, CA, United States
    -ロンドン(イギリス)知人在住
     London,Great Britain

  • 沿革
  • 2004年04月01日インドアサバイバルゲーム専用団体「蟹江敬三会」が設立
    2006年03月31日蟹江敬三会を解散
    2006年04月01日蟹江敬三会から部分独立したインドアサバイバルゲームチームURUBANUSが設立
    2006年10月01日元蟹江敬三会メンバーによってインドアサバイバルゲーム団体「電通協」を設立
    2008年04月01日連合国直轄 通信保安業務特別受託法認可 (特)4649-8140により活動を本格化

  • 活動拠点等
  • 東京都内某所の本部を中心に、東京都八王子、埼玉県所沢市、千葉県八潮市等において主たる活動および演習を実施